大阪砕石エンジニアリング株式会社はこちら
TOP > 会社案内 > 沿革
会社案内
会社案内|沿革
大正14年(1925年)3月創業者・石田旗太が日本石油在職中、関西初の砕石工場を小豆島に創設
昭和9年(1934年)10月大阪砕石工業所創立(上記工場を譲り受ける)
昭和13年(1938年)4月宝塚工場開設
昭和21年(1946年)6月高槻工場開設
昭和23年(1948年)5月株式会社大阪砕石工業所設立(資本金300万円)
昭和35年(1960年)10月札幌支店開設
昭和37年(1962年)10月大垣工場開設
昭和40年(1965年)12月大垣営業所開設
昭和42年(1967年)5月高槻第二工場開設
昭和44年(1969年)2月茨木工場開設
昭和44年(1969年)6月社長に石田次郎就任
昭和45年(1970年)9月福岡支店開設
昭和53年(1978年)9月東京支店開設
昭和54年(1979年)2月資本金を99,876,000円に増資
昭和56年(1981年)9月日田工場開設
昭和62年(1987年)3月仙台営業所開設
平成6年(1994年)12月社長に石田真人就任
平成8年(1996年)6月大阪支店開設
平成20年(2008年)12月会長に石田真人就任
社長に石田光人就任
平成26年(2014年)4月工事部門を100%子会社
大阪砕石エンジニアリング(株)に承継
平成26年(2014年)10月日田工場を株式会社三花興業へ事業譲渡
平成29年(2017年)10月高槻工場閉鎖
平成30年(2018年)4月岐阜県内で初、大垣工場にてバイオマス灰・
ペーパースラッジ灰の不溶化(無害化)事業を開始